症状について

鬱病に見られる多くの症状

鬱病の症状には様々な症状が見られます。 何も悪いことなど起こってもいないのに、ものすごく悲しくなったり、 人と会話したくなくなったり、何も興味を持てなくなったり、何でも悪いのは自分のせいだと思うようになってしまったり、 ひどい時には死んでしまいたいと思うことさえあります。 なかなか負の精神ループから抜け出せません。 また、これらの精神的な症状だけではなく、 不眠であるとか、肩こりや腹痛など身体的にも症状が出てくる場合もあります。 気分の落ち込みなどは、普段の生活を送るにあたって普通にあることですから、病院に行くかどうか躊躇ってしまうこともあるかもしれませんが、長く症状が続くようであれば専門医に診てもらった方が良いでしょう。

どのように治療し克服してゆくか

鬱病は、レントゲンに写し出されるような目に見えるような病気ではありません。 それがゆえに、非常に人に理解されにくい病気のようです。 怠けているだとか、本人の気持ちの持ちようでどうにかなるようなものだと思っている方も多く、病気の本人でさえ、そう思ってることもあります。 その気持ちのコントロールができなくなるのが鬱病なのです。 専門医に診てもらい、うつ病の診断がつくと、薬を服用して症状を抑えたり、お医者様やカウンセラーに相談して精神的改善を図ることになりますが、他にも大切なことはあります。 判断力や集中力が低下しているので、大きな決断はしないこと。 鬱病は薬を飲んだからって、すぐ治る病気ではないので、焦らず気長に治療していくこと。 そして、家族や周りの人達の協力が必要になってきます。 うつ病は、心のコントロールがききません。 ですから、本人が今までにはとらなかったような態度をとることもあり、周りの人は戸惑うこともあるかもしれませんが、慌てることなく、心を大きく持って本人と接し、見守っていくことが大事です。